商品詳細ホルモンとAGA発症の関係

AGA《男性型脱毛症》は、圧倒的に女性よりも男性の方が多い事から考えると、やはり間違いなく男性ホルモンの影響があると分かります。

しかし何故、AGA発症箇所は後頭部や側頭部に影響がなく、頭頂部や生え際が多いのでしょうか?

それは、後頭部や側頭部は『女性ホルモン』が・・・。

頭頂部や生え際は、『男性ホルモン』が支配及び管理しているという理由からです。

その為、酷いAGA症状の男性であっても、後頭部や側頭部は女性の髪の毛を同様な感覚でなので、可能性として薄くならないという事なのです。

そこで、上手にこれら特性を利用した方法に『自毛植毛』という方法があります。

要するに、AGAになり難い女性の髪の毛と、頭の髪の毛全体を取り替える感覚なのです。

ちなみに『人工植毛』と比べてみると、『女性ホルモンの働きが植毛した髪の毛には残っているので、再度薄くなる可能性は低い』『髪の毛が成長する』『メンテナンスが不要』『髪の毛の定着率が高く、そして抜け難い』等、良い点がたくさんあります。

この様な例から見ても、非常にAGA発症には男性・女性ホルモンの影響が深く関係している事が分かります。

TOPPAGE  TOP